【序盤の火傷要員】放置少女の呂玲綺を考察

以前に火傷要員として黄忠、周瑜を紹介しました。

いずれの副将もボス戦でとても頼もしい副将ですが無課金、微課金プレイヤーにとって序盤から入手することは難しいかと思います。

そこで今回は序盤から簡単に入手できる火傷要員として呂玲綺について考察したいと思います。

呂玲綺は限定トレジャーで平均4000元宝あれば取れる副将となっており、簡単に入手できる火傷要員としてゲーム序盤に重宝します。

黄忠や周瑜を獲得する余裕がない方は、本記事を読んで呂玲綺を入手してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

呂玲綺の基本性能

レアリティ:SR

レアリティはSRです。

そのため3覚醒までしかできず、ステータスの上昇幅は相当低いです。

また育成によるステータスアップの上限値も低いです。

その上スキルダメージの倍率も低いです。

上記3点のことから攻撃面、耐久面共に全く期待できません。

ですが呂玲綺はボスで必須となる火傷スキル持ちであり、なおかつ黄忠や周瑜より入手が容易というメリットがあります。

入手方法としては「限定特典」の「限定トレジャー」で入手可能であり、必要元宝の平均値は4000元宝で、最悪でも8000元宝あれば入手可能となっています。

このように最も簡単に入手できる火傷要員ですので、特徴をしっかりと理解しておきましょう。

タイプ:弓将

弓将になります。

敏捷が上がれば攻撃力が上がりますが、火傷以外は期待していないため、敏捷を上げる必要は一切ないです。

むしろ呂玲綺は命中が必要となるため、敏捷を上げるより命中が上がる筋力を上げた方が活躍しやすかったりします。

なので余った初級育成丹をあげる場合や、装備の鍛錬を行う場合は、敏捷よりも筋力を優先するようにしましょう。

呂玲綺のスキル

アクティブスキル1:闘志一撃

効果

敵1名に280%の物理ダメージを与えながら、2ターンの間この敵に「火傷」状態を付与する。火傷状態で毎ターン3%のダメージを与える(毒状態と重複可能)。

解説

敵1体を攻撃し、火傷状態にするスキルとなります。

このスキルがあるから本記事で呂玲綺を取り上げました。

火傷は相手の現在HPの3%を削るという効果があり、HPが非常に高いボスに対しては必須となっております。

火傷のターン数は2ターンであり、アクティブスキル2を習得していない状態なら、本スキルの周期が3ターンであることから、ボスが火傷状態となるターン数は全ターン数の2/3になります。

そのためボスをずっと火傷状態にできる黄忠や周瑜と比べると総ダメージ量は少なくなります。

また攻撃が外れると絶対に相手を火傷にできない点にも注意が必要です。

呂玲綺は命中パッシブも持っておらず、命中を盛りにくい点も辛いところです。

大きく命中を上げる方法は、白銀貨を付ける、命中奥義を取るの2つくらいしかありません。

一応、訓練や覚醒を行う、鍛錬や育成で筋力を上げるという方法でも多少は上がりますが、あまり劇的な変化はないです。

特に訓練書、覚醒丹、育成丹は還元不可アイテムであるため、呂玲綺の命中を上げるために使うかどうかは吟味したほうがよいです。

余っている場合に使うくらいで十分かと思います。

また黄忠や周瑜と同じで、2覚醒をさせてアクティブスキル2を習得させてしまうと、本スキルの周期が4ターンとなってしまい、ボスが火傷となるターンが減ってしまうので、間違っても2覚醒はさせないようにしましょう。

上記の説明から分かるように、黄忠や周瑜と比べると使いづらさが目立ちます。

それでも火傷はボス戦で大変優秀なため、他に火傷要員が居ない方には非常に助かるスキルとなっています。

アクティブスキル2:全神連射

効果

ランダムで2回攻撃する。毎回320%の物理ダメージを与える。

解説

対象をランダムに2回攻撃するスキルです。

SR副将のスキルであるためダメージ倍率は相当低いです。

また呂玲綺自体のステータス上限も低いことから、ダメージはほとんど期待できないので習得する必要は一切ありません。

むしろ本スキルを習得してしまうと、アクティブスキル1で説明したようにボスの火傷ターンが減ってしまうため、間違っても習得しないようにしましょう。

パッシブスキル1:攻撃力、会心値増加

効果

自分の攻撃力を18%増加、会心値をLv×120上昇させる。

解説

攻撃力と会心値を上げるパッシブスキルとなります。

いずれも呂玲綺の攻撃力アップに繋がるスキルとなりますが、呂玲綺自身の火力には一切期待できないため特に習得する必要はないです。

命中を上げるために1覚醒星10まで育成した場合は、ついでに本スキルも習得できますが、効果を実感することはまずないでしょう。

パッシブスキル2:最大HP、HP吸収増加

効果

自分の最大HPが22%増加、自分のHP吸収が6%増加。

解説

最大HPとHP吸収を上げるパッシブスキルになります。

どちらも耐久力を上げる効果がありますが、耐久の低いSR弓将である呂玲綺の耐久が多少上がったところで、ボスに一撃で倒されることに変わりないため習得不要です。

むしろ本スキルを習得しようとすると3覚醒する必要があることから、必然的にアクティブスキル2も習得することとなってしまい、ボスが火傷になるターン数が減ってしまいます。

呂玲綺は絶対に2覚醒以上はさせないようにしましょう。

呂玲綺の専属武器:なし

SR副将なので専属武器はありません。

呂玲綺の基本性能まとめ

安く手に入る火傷持ちという点が嬉しい副将となっております。

ボス戦では火傷があるのと無いのとでは大きく違うため、黄忠や周瑜を持っていない人にとっては非常にありがたいですね。

ただし火傷のターンが黄忠や周瑜より短かかったり、攻撃が命中しないと火傷にできなかったりと使いずらい点が多々あるので注意しましょう。

では呂玲綺の各戦場での立ち回りについて考察してみましょう。

呂玲綺の活躍できる戦場

ボス戦では眩暈ループと組み合わせて使おう

上で説明したように呂玲綺は火傷スキルを持っており、ボスに大ダメージを与えることが可能となっております。

ただしボスを火傷状態にし続けるためには、呂玲綺が生存し続けている必要があります。

ですが耐久の低いSR弓将である呂玲綺は、ボスの攻撃を受けるとすぐに倒されてしまいます。

そこで眩暈ループを使うことで呂玲綺を守ってあげましょう。

そうすることでボスが火傷状態となるターンが長くなるため、より高いダメージを与えることが期待できるようになります。

ボス戦以外では特別活躍できる戦場はない

何度も述べていますが、ステータスが低く、スキル倍率も低いので呂玲綺の火力にはあまり期待できません。

また火傷以外に何かあるわけではないのでボス戦以外での活躍は厳しいです。

そのため副将が増え始めてきたらボス戦以外で使うことはほとんどなくなるかと思います。

まとめ

今回はSRの呂玲綺について考察しました。

序盤から簡単に入手できる火傷要員となりますので、火傷要員が欲しいという方は採用を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし黄忠や周瑜と比べると使いずらい点が目立つので、あくまで序盤の火傷要員と割り切って使うのが良いかと思います。

今回は以上になります。
お付き合い頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました