【宝石を組み合わせて耐久アップ】放置少女のおすすめ宝石(右側装備編)

皆さんは右側装備(兜、鎧、腰当)にどのように宝石を付けていますか。

右側装備に付けることのできる宝石は耐久力アップに関連する宝石となっており、付けている宝石を見直すだけで耐久力が劇的に変わることがあります。

ということで今回は右側装備に付けることができる宝石について考察します。

どの宝石を付けたら良いか分からず適当に付けているという方は、この記事を見て宝石の付け方を見直してみてはいかがでしょうか。

※左側装備の宝石に関する考察は以下の記事になります。

スポンサーリンク

宝石の種類

黄玉

体力値が上がります。

体力が上がることでHPと根気値が上がります。

単純なHPの上がり幅は真珠の方が大きく、根気値の上がり幅は白水晶の方が高いですが、両方上がるのはかなり嬉しいです。

HPの上がり幅自体も真珠とほとんど変わらないため、総合的な耐久力は真珠より上がると思われます。

このゲームでは、防御力を上げるよりHPを上げた方が耐久力が上がりやすいゲームバランスになっているため、HPを上げることのできる黄玉は必須となります。

主力キャラには必ず装着するようにしましょう。

また放置戦闘では、主将や蔡文姫のようなバフキャラを長生きさせるために装着させるという手もあります。

この方法を使う場合は、主力キャラは右側装備の宝石を外しても基本倒されないと思いますので、少し面倒ですが主力キャラの黄玉を一時的にバフキャラに渡すという手もあります。

白起などの自身のHPを参照する副将でなければ、黄玉を渡しても攻撃性能は一切落ちないので安心して黄玉を渡すことができます。

ただ、元宝を使ってまでバフキャラの装備の宝石スロットを解放するかは少し悩み所ではありますね。
※次に副将を取ったときに、その副将の装備に宝石スロットを継承すればよいので無駄にはならないかと思います。

なお、バフキャラの考察記事は以下にありますので興味がありましたらご覧ください。

真珠

HPが上がります。

黄玉でも説明しましたが、HPを上げることが耐久を上げるうえで一番大切になるので、必須となります。

黄玉と同様、主力キャラには必ず装着しましょう。

また黄玉同様、放置戦闘でバフキャラの耐久を上げるという使い方も可能です。

橙水晶

物理防御力が上がります。

このゲームでは強い副将が武将に集中している都合上、物理防御力は法術防御力より優先度が高いです。

そのため闘技場に出す主力には優先的に装着しましょう。

ただし筋力パッシブ持ち副将の場合は、素の物理防御力も非常に高くなることから、橙水晶の恩恵をほとんど受けられない場合があります。

その場合は他の副将に橙水晶を渡すということも検討すると良いかと思います。

また、放置戦闘では敵は物理攻撃しかしてこないため、黄玉や真珠のようにバフキャラの耐久を上げるという使い方も有効です。

紫水晶

法術防御力が上がります。

法術防御力は謀士が全体的に不遇であることから、若干優先度が下がり気味ですが、ホウ統や秦王政のような強力な謀士も多数いることから、闘技場では主力に優先的に装着したい宝石になります。

ただし知力パッシブ持ち副将の場合は、素の法術防御力も非常に高くなることから、紫水晶の恩恵をほとんど受けられない場合があります。

その場合は他の副将に橙水晶を渡すということも検討すると良いかと思います。

なお、放置戦闘では相手が法術攻撃を使ってこないため一切意味はありません。

また、ステージ90以降のボスが大火龍術を使ってきますが、そちらの攻撃は法術防御力でダメージ計算されているみたいです。だから何かあるって訳でもないですが。

黒水晶

回避値が上がります。

正直、右側装備に付ける宝石としては一番使えません。

回避値が高くなる傾向がある弓将に付けてあげれば多少活躍するかもしれませんが、相手の命中やレベル差に大きく依存するため過度な期待はしない方がよいでしょう。

手元に余っている分を付けて避けてくれたらラッキーくらいに考えるくらいが丁度よいです。

白水晶

根気値があがります。

会心ダメージは最低でもダメージが1.5倍となる都合上、被会心率が下がると被ダメージの軽減にかなり貢献します。

なので橙水晶や紫水晶を装着させなくても物理防御力や法術防御力が十分高い副将には、白水晶を付けた方が便利だったりします。

ちなみにレベル差がある相手でも白水晶の有無で、被会心率が結構変わるような気がするので各上を相手する際には結構頼もしかったりします。

ただし最近は服部半蔵のように確定会心持ちキャラが増えており、そういった副将を相手にする場合は意味がないことに注意しましょう。

また、放置戦闘では各上を相手することが多いことから、黄玉や真珠のようにバフキャラの耐久を上げるという使い方も有効です。

おすすめの宝石の組み合わせ

基本的には黄色、真珠、橙水晶、紫水晶の4つ

防御関連ステータスは、ほとんど対人戦でしか重要視されないステータスであるため、誰が相手でも対抗可能な黄色、真珠、橙水晶、紫水晶の4つを装備しておけば問題ないです。

ただし上で説明したように、筋力パッシブ持ちや知力パッシブ持ちは橙水晶や紫水晶の代わりに白水晶を持たせて被会心率を下げるという手もあります。

ボス戦でのおすすめ宝石

ボス戦において、主力は基本的に憤怒になるまでは倒されることはなく、逆に無育成の副将は宝石を付けたところで基本的に一撃で倒されてしまうので、右側装備の宝石はあまり影響しないことがほとんどです。

あまり気にしなくても問題ないでしょう。

放置戦闘でのおすすめ宝石

主力は基本的に10ターンの間に倒されることはないと思いますので、右側装備の宝石は何でもよいです。

バフキャラの生存ターンを増やすために宝石を付ける場合は黄玉、真珠、橙水晶、白水晶の組み合わせが良いです。

ただし元宝を使ってまでバフキャラの宝石スロットを解放するかはしっかりと考えた方が良いでしょう。

訓練場でのおすすめ宝石

訓練場は相手によるので一概に言えない部分はあります。

上で説明した黄色、真珠、橙水晶、紫水晶を基本線にして相手に合わせて組み合わせを切り替えましょう。

対人戦でのおすすめ宝石

上で説明したように黄色、真珠、橙水晶、紫水晶を基本線にして、副将によっては白水晶を装備すると良いでしょう。

宝石ショップで買うべき宝石

黄色、真珠、橙水晶、紫水晶の4つが基本線になりますので、この4つをメインに購入して必要に応じて白水晶も購入すると良いかと思います。

なお黒水晶はほとんど使えない宝石になりますので、宝石ショップでわざわざ購入する必要はありません。

まとめ

今回は宝石に関する考察の第二弾として、右側装備に付けることのできる宝石について考察しました。

宝石毎に様々な特徴があるため、目的に合わせて宝石を装着することで副将を適切に強化しましょう。

今回は以上になります。
お付き合い頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました